TOP > ワキガ治療の種類とメリット

ワキガ治療の種類とメリット

欧米人はワキガは珍しいことではないため、あまりニオイを気にする人はいませんが、日本人はもともとニオイに敏感で、体臭も少ないため、ワキガの人が目立ってしまい、嫌悪感を抱く人も少なくありません。

ワキガのニオイは独特で、玉ねぎのツンとするニオイという人もいれば、鉛筆の芯のニオイという人もいて、人によって感じ方はさまざまです。ただ汗くささとは違っているので、周囲にワキガの人がいるとすぐにわかってしまいます。

ワキガ治療にはいくつかの方法があります。
軽度な場合には、食生活を見直したり、生活習慣を改善することで軽減することができますが、中・重度の場合には、手術によって治療を行うことが最適な方法といえます。

多汗症治療の初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

もっとも効果があるのは、剪除法という手術で、メスでわきの下を数センチ切開し、皮膚を裏返してニオイの元となるアポクリン汗腺を除去していきます。


ただ、この方法は、手術後が目立つ場合があるため、ワキの下に小さく穴をあけて、そこから汗腺や皮脂腺を吸引していくという方法もあります。


この方法なら傷跡も目立ちませんが、ただ、完全にアポクリン汗腺を取り除けなかった場合、再発するリスクも生じてしまいます。

少しでも傷跡を残したくないという人には、ボトックス注射という方法もあります。


この場合、根本的な解決にはなりませんが、ワキの汗を止めることで雑菌の増殖を抑えることができ、結果ニオイを軽減させることができます。

わきが手術について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

このようにいろいろな治療法が確立されているので、自分にあった治療法を見つけてみてはいかがでしょうか。