ウォーターサーバーの仕組み

###Site Name###

ウォーターサーバーは、蛇口レバーを操作するといつでも適温で安全な水を飲む事が出来ます。

ウォーターサーバーには水を冷却する機能と加熱する機能があります。



水が入っているボトルをセットした後、その水は中のタンクに貯蓄されます。


このタンクのおかげでいつでも適温で水を使う事が出来ます。

ウォーターサーバーには冷水用と温水用のタンクがあって、それぞれのタンクに貯蓄された水が冷水機能と加熱機能によって温度調節されます。

その温度が保たれているので、冷たい水やお湯をすぐに出す事が出来ます。

水を加熱する仕組みは、温水用タンクに金属の棒を設置してそこに電気が通る事で温まる仕組みです。

ほとんどのメーカーのウォーターサーバーはこの方法で水を加熱するのが主流になっています。


水を冷却する仕組みは主に2つのタイプに分かれています。



1つ目は電子式と言われていて、冷却タンクに内にペルチェと呼ばれる素材が設置されていて、そこに電気が通ると温度が下がると言う仕組みを利用しています。
2つ目はコンプレッサー式です。

コンプレッサーを使って冷却していて、タンクに冷媒を設置して循環させて冷やす仕組みです。


このおかげで24時間いつでもすぐに冷たい水やお湯を飲む事が出来ます。



しかし、ウォーターサーバーが登場した頃は、温度調節機能が付いていない物が基本でした。

それから様々な工夫で改良されていき、温度調節機能が付いてより快適に使えるようになりました。